撮影のススメ

2020年現在、スマートフォンを含めた撮影機器が充実しており、レッスン内容を記録することは当たり前になっています。多くの人が上達のために動画撮影を行いますが、せっかく撮影した動画を上手に活用できない人が多いようです。 

 

せっかく動画を撮ったのに…

いわねと一緒に過ごした時間内に出来るようになったのに、後日にお会いしたら、出来ない状態に逆戻りしてしまった人が何人もいました。吸収したことを忘れないように…と動画を撮ったのに、何故このようなことになってしまったのでしょうか?

 

練習動画の見方、それを有効活用する方法を知らないからではないでしょうか? 

 

重要なシーンを繰り返し見る!

練習動画を有効活用するためには、もっとも重要な箇所を繰り返して見る必要があります。もっとも重要な箇所とは、上達の前後を比較できるシーンです。

 

「何がどうなったらOKで、何がどうなったらNGであるか」

 

これを些細な差だと考えてしまうと、せっかくつかんだコツを簡単に失ってしまいます!

上達の前後を大きな差だと実感できるまで、動画を繰り返し見ましょう! 

 

 

反復練習

動画を繰り返し見て、上達の前後の差を理解できたら…

 

上達後のOKに近付けるように、たくさん練習しましょう。

上達前のNGに少しでも近付いていたら、すぐに気付いて修正しましょう。

 

良い状態を反復して練習することで、確かな実力が身に付きます。

悪い状態を反復して練習すると、以前の状態に戻ってしまいます。 

 

 

重要な場面探し

撮影機器が進歩して気軽に動画を撮ることができるようになった反面、見たい場面を探すためには、手間や時間がかかります。撮影した動画の中の、上達前のNG場面と上達後のOK場面を探すこと、それらを繰り返し見ること…これらを効率良く行うためには、最小限の動画編集技術が必要になってきます。

 

このホームページで公開している練習伴奏の動画は、上達の前後の状態がわかりやすいように編集してあります。ご自身での撮影も行っていただいてかまいませんが、練習伴奏の際には、いわねに動画撮影をお任せいただくことをオススメします。 

 

 

youtubeチャンネル

いわねが編集した動画は、限定公開(URLを知る人だけが見られる)という形で、youtubeチャンネルにアップロードします。アップロードされた練習伴奏の動画を参考にして、上達後の感覚を大切にして反復練習を行って下さい。 

 

 

お願い

アップロードされた練習伴奏の動画をご覧になって、上達したことがわかって嬉しかった人、復習動画として役に立つと感じた人は、これを多くの人に伝えるために、動画の一般公開にご協力下さい。

 

昨今、フラメンコをソロで踊る人が増えていますが、練習を重ねても思うように上達しないというお悩みを感じている人が多いようです。いわねの練習伴奏によって、お悩みを解決してフラメンコを今まで以上に楽しめる人が増えることを望みます。

 

 

動画撮影のきまり、下のボタンを押してお読み下さい。

練習伴奏のお申込みやご相談はこちらから